ヨーロッパラウンドが終わり、今回のシンガポールGPからアジアラウンドが開幕です。

今回のシンガポールGPは、ナイトレースで開催される人気のグランプリですね。

このシンガポールGPが開催されるマリーナ・ベイ市街地コースは、低速コーナーが中心のレイアウトになっており、路面もバンピーでブレーキング時の安定性と低速コーナーからの加速が求められることからも分かるように、スパ、モンツァと続いた高速サーキットから、よりマクラーレン・ホンダに適したサーキットレイアウトになっています。

今回もシンガポールGPのTV放送時間と共にお伝えしていきます。

ホンダF1 第15戦 シンガポールGP TV放送時間

CS放送フジTVNEXT F1第15戦 シンガポールGP放送時間

  • 【フリー走行1】09/16(金) 18:55~20:40
  • 【フリー走行2】09/16(金) 22:25~24:10 
  • 【フリー走行3】09/17() 18:55~20:10
  • 【予選】    09/17() 21:50~24:00
  • 【決勝】    09/18() 20:30~23:25

*フジTVNEXTはすべて生中継となります。

尚、残念ながら昨年まで放送されていた無料放送「BSフジ」では、F1中継は行われませんので注意して下さい。

シンガポールから始まるマクラーレン・ホンダの逆襲?!

20160718-honda

マクラーレン・ホンダにとって最適なレースが今回のシンガポールGPから始まるか?!

今シーズンのマクラーレン・ホンダにとって最も最適なGPは、シンガポール、鈴鹿、オースティン、アブダビになるだろうと考えられていました。

そのうちの一つであるシンガポールGPが開催されとあって、期待も高まりますがどうなるでしょうか?

フェルナンド・アロンソの言葉を借りれば、「シンガポールだけではない。鈴鹿やオースティンもそうだし、アブダビは特にかなり良くなると思う。去年もシンガポールにかなり期待していたし、結果はOKだったけど、オースティン、そして特にアブダビほどは良くはなかった。去年のアブダビは僕たちにとって非常に強いレースだったし、今年も同じかもしれない」と言うように、シンガポールGPから始まるアジアラウンドに期待を込めてコメントしています。

と言うのも、スパでの多くのトークンを使用したホンダPUのアップデートが、ここシンガポールにおいては、かなりのラップタイム向上に繋がっていくでしょう。

最新スペックのホンダエンジンは、パワーが増えて、デプロイメントも向上、さらには毎戦届けられる燃料アップデートと相まって、今回のシンガポールGPではアドバンテージとなるでしょう。

また、マクラーレンのブレーキング時での優れたバランスのシャーシが、ここマリーナ・ベイ市街地コースのトラック特性に適していることも付け加えておきたいと思います。

20160904-jensonbutton

最後に、イタリアGPにおいてジェンソン・バトン選手から来シーズンの休養が発表されましたね。

日本にはバトン選手のファンが大勢いますので、残念な発表となったかもですね。

ですが、バトン選手はウイリアムズからのオファーを断って、マクラーレン・ホンダに残ってマシン開発とサポートを続けていくようです。

また、2018年にはレースドライバーとして復帰できるオプションが付いていますので、今後のバトン選手にも注目ですね。

今回のシンガポールGPは、マクラーレン・ホンダにとっては期待がかかる要素が多く、今シーズンベストのリザルトが期待できますが、まずは金曜のフリー走行を待ちましょう。