この秋、百貨店等での先行販売が行われた「リファエスカラットレイ」の一般販売が開始されています。

リファカラットレイから始まる「レイ」シリーズは大変人気のラインです。

そんな「レイ」シリーズのラインに新たに加わったのが、今回の「リファエスカラットレイ」ですね。

この「リファエスカラットレイ」は既存の「リファエスカラット」とはどのような違いがあるのでしょうか。

今回は、リファエスカラットレイとリファエスカラットの違いと、この冬限定での販売が開始されているウィンターセットの詳細と合わせてお伝えしていきます。

リファエスカラットレイとリファエスカラットの違い4つ!

refa-s-carat-ray%ef%bc%88%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%a4%ef%bc%89-refa-c%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%bemtgrefa-s-carat%ef%bc%88%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%89-refa-carat-refa-beatg

リファエスカラットレイとリファエスカラットは通常のレイシリーズ同様に、刻みのついた流線形のデザイン以外にも大きく4つの違いや特徴があります。

マイクロカレントの発生量が違う!

リファシリーズの大きな特徴となっているのが「マイクロカレント」ですが、このマイクロカレントの発生量が他のレイシリーズ同様に、リファエスカラットレイのその発生量はリファエスカラットの発生量に比べて多くのマイクロカレントを発生させているようです。

このことは、製造・販売元であるMTGからは公式なアナウンスはありませんが、ソーラーパネルの大きさの違いや、実際の効果の違いなどからもマイクロカレントの発生量の大きな違いがあるのは間違いないようです。

防水仕様になった!

リファエスカラットは、リファシリーズの特徴の一つである「防水仕様」を施されていません。

しかし、今回一般販売が開始されたリファエスカラットレイは「防水仕様」となって登場しています。

リファシリーズの大きな特徴は、「マイクロカレント」と「プラチナムコート」、そして「防水仕様」のそのボディーが大きく評価されているのは間違いないのではと思います。

リファエスカラットは目元・口元に特化したリファなのでしょうが、そこはやはり他のリファシリーズ同様に「防水仕様」を望むリファユーザーの要望から、今回のリファエスカラットレイが「防水仕様」となった背景があるようです。

プッシュポイントが配置された!

refa-s-carat-ray%ef%bc%88%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%a4%ef%bc%89-refa-carat-refa%e7%a4%bemtgrefa-s-carat%ef%bc%88%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%89-refa-carat-refa-bea%e4%bc%9a%e7%a4%bemtg

リファエスカラットレイには、新しくプッシュポイントがハンドルの先端部分に配置されています。

このプッシュポイントは、目元や口元などを優しくプッシュケアする際の理想的な形状となっています。

また、このプッシュポイントの大きな特徴は、ローラー部同様にマイクロカレントが流れるようになっているということ。

このリファエスカラットレイと、リファエスカラットのもしかすると大きな違いが、このプッシュポイントの追加配置かもしれませんよね。

価格差は5,400円!

リファエスカラットレイとリファエスカラットのその価格差は5,400円です。

  • リファエスカラットレイ・・・21,060円(税込)
  • リファエスカラット・・・15,660円(税込)

リファカラットレイとリファカラットのように、レイシリーズと既存のリファシリーズにはマイクロカレントの発生量に大きな違いがあります。

ですが、このリファエスカラットレイとリファエスカラットは、マイクロカレントの発生量以外にも「防水」「プッシュポイント」という2つの大きな違いがありました。

このような違いを価格差に置き換えた場合に、妥当な価格差だと感じるか、高すぎると感じるかはリファエスカラットの使い方によるところも大きいように感じますが、あなたはどのように感じるでしょうか。

 まとめ

  • マイクロカレント発生量
  • 防水仕様
  • プッシュポイント配置
  • 価格差5,400円

リファエスカラットレイとリファエスカラットには上記4つの違いがあります。

主にフェイスケアを考え、さらに目元・口元に特化した使い方を考えているのならば、最も適したリファがリファエスカラットです。

このリファエスカラットに新たに追加されたリファエスカラットレイは、優美なデザインとマイクロカレントや防水性などを仕様変更された魅力的なリファエスカラットのニューラインです。

今回ご紹介したリファカラットレイとリファカラットの違いを参考に、あなたに適したリファエスカラットを見つけてみてはと思います。

最後に

今回ご紹介したリファエスカラットレイは、それ単体での販売は少なくとも12月31日までは行っていないようです。

なので、リファカラットレイのみの購入をお考えならば、リファ取り扱いの百貨店もしくはMTG直営店舗であるフォルマヴィータでの購入に限られるようです。

リファ直営店舗はこちら

しかし、リファエスカラットレイの魅力的なウィンターセットが公式サイトのみで販売されているようですよ。

refa-carat-ray-fop
  • Doramatic Eye’s Kit・・・27,540円(税込)

リファエスカラットレイの今冬限定のウィンターセットである「Doramatic Eye’s Kit」には次の3つのアイテムがパッケージングされています。

  • リファカラットレイ(21,060円・税込)
  • リファエクスプレションアイヴェールクリーム(6,400円・税込)
  • リファオリジナルミラー(非売品)

さらに、数量限定ですがリファオリジナルポーチ(1,000円相当)も付いています。

リファDoramatic Eye’s Kitの詳細はこちら

今のところは、リファエスカラットレイの単品販売はMTG直営店以外行われいませんが、今冬のみの「Doramatic Eye’s Kit」もまたMTG公式サイトのみで12月31日までとなっています。

 

MTGオンライン