リファシリーズ最大のローラーとフレキシブルハンドルを搭載することでワイドフィット加圧を可能とし、リファ特有の「つまみ」「流す」に加え、より「深く」捉えることで筋肉までアプローチすることができるのが「リファアクティブ」でした。

そんなリファアクティブのラインから、2016年12月7日より販売が開始されているのが「リファアクティブディジット」です。このリファアクティブディジットは、そのサイズ感からリファカラットフェイスと比較検討される方も多いのではないかと思います。

そこで、こちらのページではリファアクティブディジットとリファカラットフェイスの効果の違いについてお伝えしてみようと思います。

リファアクティブディジットとリファカラットフェイスの違い!そのポイントはこの3つ!

refa-active-digit-%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a2%e3%82%af%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%96-%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b8%e3%83%83%e3%83%88-%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e5%85%ac%e5%bc%8fReFa CARAT FACE(リファカラットフェイス) 商品詳細ReFa 株式会社MTG
  • リファアクティブディジット・・・20,304円(税込・送料無料)
  • リファカラットフェイス・・・・・21,060円(税込・送料無料)

リファアクティブディジットとリファカラットフェイスには、求める身体の部位の違いではなく、求める効果に違いがあります。

リファアクティブディジットとリファカラットフェイスを比較する場合のポイントは、そのデザインだけではなく、搭載されているローラーのサイズの違い、またこのローラー間のクリアランスの違いによる効果の違い、さらにはリファシリーズの生命線であるマイクロカレントを生み出すソラーパネルの違いという、この3つのポイントを抑えてお伝えしていきたいと思います。

リファアクティブディジットを詳しく公式サイトでチェック 

ローラーのサイズの違いと角度の違いによる効果の違い!

digit-%e5%af%b8%e6%b3%95refa-%e5%af%b8%e6%b3%95

上記画像のように、リファアクティブディジットのローラーは、リファカラットフェイスのローラーに比べ、一回り以上小さいサイズのローラーです。

リファアクティブディジットのローラーは、お顔の細かい起伏にフィットするように、リファカラットフェイスよりも小さいローラーの搭載となっています。

また、リファアクティブディジットのローラーと、リファカラットフェイスのローラーには、その取り付け角度にも違いがあります。

refa-activerefa-carat-face%ef%bc%88%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%ab%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%bemtg

リファアクティブディジットのローラーは、リファアクティブと同じようにY字での取り付けなのに対して、リファカラットフェイスの場合は他のリファシリーズ同様にT字での取り付けとなっています。

このような取り付け角度の違いは、リファ独自の「つまみ」「流す」に加え、リファアクティブディジットに、より「深く」つまみ流すの効果を狙ったものとなっています。

クリアランスの違いによる効果の違い!

リファアクティブディジットとリファカラットフェイスでは、そのローラー間のクリアランスにも違いがあります。

  • リファアクティブディジット・・・10mm幅
  • リファカラットフェイス・・・・・9,4mm幅

リファアクティブディジットとリファカラットフェイスのローラー間の幅の差は僅か0,6mmですが、フェイスケアを考えた場合、この差は決して小さい差とはなり難いようです。

というのもリファアクティブディジットは、お顔の細かな起伏にフィットするように考えられた最適の大きさのローラーと、より「深く」つまみ流すことを考慮した結果として、リファアクティブディジットのローラー間のクリアランスは10mm幅と決定したという経緯があります。

この僅か0,6mmのローラークリアランスの差が、リファカラットフェイスの「つまみ」「流す」効果に、より「深く」をプラスした効果がリファアクティブディジットにはあるようです。

マイクロカレントの発生量は同等!

リファアクティブディジットとリファカラットフェイスは、そのソーラーパネルのデザインに違いがありますが、この両者のマイクロカレントの発生量は同等です。

ですが、小柄なボディとローラー等の大きさの違いから、リファアクティブディジットの方がより多くのマイクロカレントを発生させることができる!とも言えるのかもしれません。

また、リファアクティブディジットのより「深く」の効果を狙った場合には、リファカラットフェイスより小柄なボディーとローラーであっても、多くのマイクロカレントを発生させる必要もあります。

このようなことから、リファアクティブディジットは、リファカラットフェイスよりも小柄なボディーとローラーでありながらも、そのマイクロカレントの発生量は同等だということです。

最後に

© Copyright 2015 Corbis Corporation

今回は、リファアクティブディジットとリファカラットフェイスの違いを3つのポイントに絞り、その効果の違いについてお伝えしてみました。

  • ローラーの大きさ
  • ローラー間のクリアランス
  • マイクロカレント発生量

今回お伝えした上記3つのポイントから、リファアクティブディジットとリファカラットフェイスは、「つまみ」「流す」効果は同じながら、より「深く」の効果がリファアクティブディジットにはありますよ。

もしもあなたが、リファアクティブディジットとリファカラットフェイスの比較検討されているようならば、そのスタイルや価格だけではない、効果の違いも参考にしていただけたらと思います。

また、リファアクティブディジットは今現在、MTG直営店舗とMTG公式サイトのみでの先行販売となっています。

MTG直営店舗とリファ取り扱い百貨店の詳細はこちら

リファアクティブディジットの細は詳こちら

リファカラットフェイスの詳細はこちら

MTG公式サイトはこちら