2017年のF1第2戦が上海インターナショナル・サーキットで4/7(金)より開幕です。

2017年のF1GPは、例年同様オーストラリアで開幕しましたが、マクラーレン・ホンダにとっては厳しい週末となってしまいました。

しかし、シーズン前のバルセロナテストから引きずっていたホンダのパワーユニットの信頼性問題の再発は、この開幕戦オーストラリアでは引き起こされなかったようです。

また、レース終盤までポイント圏内を走行していたフェルナンド・アロンソの走りと、最下位ながら完走を果たしたストフェル・バンドーン両ドライバーの頑張りが称えられる開幕戦となりました。

それでは、今回も2017ホンダF1第2戦中国GPのTV放送時間と共にお伝えしていきます。




ホンダF1 第2戦 中国GP TV放送時間

CS放送フジTVNEXT F1第2戦 中国GP放送時間

  • 【フリー走行1】04/07(金) 10:55~12:40
  • 【フリー走行2】04/07(金) 14:55~16:40
  • 【フリー走行3】04/08() 12:55~14:10
  • 【予選】    04/08() 15:50~18:00
  • 【決勝】    04/09() 14:30~17:50

ネット配信DAZN F1第2戦 中国GP放送時間

  • 【フリー走行1】04/07(金) 11:00~12:30
  • 【フリー走行2】04/07(金) 15:00~16:30
  • 【フリー走行3】04/08() 13:00~14:00
  • 【予選】    04/08() 16:00~
  • 【決勝】    04/09() 15:00~

*フジTVNEXT,DAZNはすべて生中継となります。




ホンダパワーユニットをザウバーに提供!?

20170326-sauber

2017年のF1シーズン開幕前のバルセロナテストにおいて、そのパワーと信頼性に問題を抱え、マイレージを稼ぐことなく開幕を迎えてしまったマクラーレン・ホンダ。

開幕前のテストから引きずっていた信頼性の問題は解決されたようですが、一方のパワーについては昨年型のパワーユニットに比べてもパワー的には上回っているようですが、今シーズンの大幅なレギュレーション変更によるワイドタイヤの採用とダウンフォースの増加もあって予想したスピードアップを果たせていないようです。

このような状況もあって、マクラーレンがホンダと別れメルセデスのカスタマーパワーユニットを搭載するようだとの状況もあるようです。

その際のホンダパワーユニットの新たな搭載マシンはザウバーになるようですね。

このような状況はザウバーにとって、1年落ちのフェラーリ製のパワーユニットからの乗り換えとなりますので悪い話ではありません。

一方で、ホンダ側からすると日本人ドライバーのためのシートの確保が可能となります。

ですが、ザウバーは自前でのギアボックスの製造はしていませんので、他チームからその供給を受けなければなりません。

そこで、このギアボックスをマクラーレンが供給することで、ホンダパワーユニットの搭載が可能ともなりますが、マクラーレン側がその供給を行うようだと言われています。

このようなザウバーとホンダの提携の正式決定は、マクラーレンで結果を出したのちの2チーム目のパワーユニット提供という形で落ち着いてほしいのですが、どうなるのでしょうか。

ホンダパワーユニットの二基目の搭載が予想されるスペインGPまでは大幅なパワーの向上はないでしょうが、中国GPにも多くのパーツが持ち込まれアップデートを施すようですので期待したいところです。

どちらにしても、早急なホンダパワーユニットの改善が急がれるということですよね。