2017年ホンダF1 第7戦 F1カナダGPが、6月9日(金)からモントリオールのジル・ヴィルヌーヴ・サーキットで開催です。このジル・ヴィルヌーヴ・サーキットは、フルスロットル率の高い複数のストレートを持ち合わせたエンジンパワーが試されるサーキットとなっています。

本来であれば、今回のカナダGPではホンダパワーユニットのアグレッシブなエンジンアップデートが予定されていましたが、どうやら今GPでのアップデートは見送られたようです。

なので、エンジンパワーと共に信頼性にも問題を抱えるホンダパワーユニット搭載のマクラーレン・ホンダにとっては厳しい週末が予想されますがどうなるでしょうか。

今回も2017ホンダF1第7戦カナダGPのTV放送時間と共にお伝えしていきます。




ホンダF1 第7戦 カナダGP TV放送時間

CS放送フジTVNEXT F1第7戦 カナダGP放送時間

  • 【フリー走行1】06/09(金) 22:55~24:40
  • 【フリー走行2】06/09(金) 26:55~28:40
  • 【フリー走行3】06/10() 22:55~24:10
  • 【予選】    06/10() 25:50~28:00
  • 【決勝】    06/11() 26:30~29:50

ネット配信DAZN F1第7戦 カナダGP放送時間

  • 【フリー走行1】06/09(金) 23:00~24:30
  • 【フリー走行2】06/09(金) 27:00~28:30
  • 【フリー走行3】06/10() 23:00~24:00
  • 【予選】    06/10() 26:00~
  • 【決勝】    06/11() 27:00~

*フジTVNEXT,DAZNはすべて生中継




ホンダPUにアップデートは入らない!

2017年の開幕から信頼性の問題を抱え、パワーユニット本来のポテンシャルを発揮できないままのホンダパワーユニットですが、当初の予定であれば今回のカナダGPでは信頼性問題の解消と、ICE関連の為のアグレッシブなエンジンアップデートが行われる予定でした。

ですが、カナダGP開幕直前になって今回のエンジンアップデートを見送るとの発表がホンダよりなされました。

このような状況にマクラーレン陣営は、「我々はこのアップグレードを心待ちにしていた。ドライバーもそうだ。それが入らないのは大きな失望だ。努力が足りないわけではない。だが、彼らはそれを仕上げることに苦労している」と語っています。

今回のアップデート投入回避についてホンダ側では、カナダにアップグレードを持ち込むことを正当化できるほどパフォーマンス改善が十分に大きなものかをまだ決断できていないとして、PU交換によるグリッド降格ペナルティーを侵す訳にはいかないとの考えのようです。

今回のカナダGPが行われるジル・ヴィルヌーヴ・サーキットは、複数のストレートとフルスロットル率が大変高いことからもマクラーレン・ホンダにとっては厳しい週末が予想されます。また、予定されていたエンジンアップデートの見送りでさらに厳しい状況のようです。

ですが、このジル・ヴィルヌーヴ・サーキットはセーフティーカー出現率80%以上ということもあって展開の予想が難しいサーキットでもありますので、マクラーレン・ホンダの頑張りに期待したいところです。まずは、金曜のフリー走行を観てみましょう。