2017年ホンダF1 第10戦 イギリスGPが、7月14日(金)からシルバーストーン・サーキットで行われます。

今回のイギリスGPは、オーストリアGPからの連戦となりますが、レッドブルリンクとは真逆のロングストレートと高速コーナーから成り立つクラシックなサーキットですので、マクラーレン・ホンダにとっては厳しい週末が予想されますがどうなるでしょうか。

今回も2017ホンダF1第10戦イギリスGPのTV放送時間と共にお伝えしていきます。




ホンダF1 第10戦 イギリスGP TV放送時間

CS放送フジTVNEXT F1第10戦 イギリスGP放送時間

  • 【フリー走行1】07/14(金) 16:55~18:40
  • 【フリー走行2】07/14(金) 20:55~22:40
  • 【フリー走行3】07/15() 17:55~19:10
  • 【予選】    07/15() 20:50~23:00
  • 【決勝】    07/16() 20:30~23:50

ネット配信DAZN F1第10戦 イギリスGP放送時間

  • 【フリー走行1】07/14(金) 17:00~18:30
  • 【フリー走行2】07/14(金) 21:00~22:30
  • 【フリー走行3】07/15() 18:00~19:00
  • 【予選】    07/15() 21:00~
  • 【決勝】    07/16() 21:00~

*フジTVNEXT,DAZNはすべて生中継




アロンソがシルバーストーンでグリッド降格ペナルティか?

マクラーレン・ホンダはオーストリアGPで投入したスペック3のパワーユニット2台のうち、フェルナンド・アロンソのMGU-Hが故障したことでF1イギリスGPでさらなるグリッドペナルティを受けるかどうかの検討を余儀なくされています。

このスペック3のエンジン自体には異常がないために、旧型のMGU-Hを搭載することも可能なのですが、MGU-Hの交換にはターボチャージャーの交換も伴うことから、どちらにしてもグリッド降格ペナルティは必至な状況となっています。

しかし、今回のイギリスGPはマクラーレンのホームGPともなりますので、グリッド降格ペナルティは避けたいところですが、旧型スペックのエンジンではシルバーストーンのレイアウトでは、マクラーレンにとってはさらに厳しい週末となってしまいます。

このような状況に、ホンダの現場責任者の長谷川氏はフェルナンド・アロンソのイギリスGPでのグリッド降格ペナルティについて「そこは検討しなければならない部分ですし、まだ決定していません」と語っています。

一方のフェルナンド・アロンソは「すぐにまたペナルティを受けることになると思う。シルバストートかもしれないし、ハンガリーかもしれない」と話しています。

フェルナンド・アロンソのグリッド降格ペナルティは避けられない状況ともなっているようですので、高速のシルバーストーンで苦戦すると想定すれば、よりチャンスのあるハンガリーよりも戦術的にも今回のイギリスGPでのペナルティが可能性としては大きいのではないかと思います。

ですが、ここシルバーストーンはブリティッシュ・ウェザーと呼ばれるように、雨絡みのレースも予想されますので何が起こるかわかりません。