超高速サーキットであるモンツァ・サーキットを舞台に、F1イタリアGPが9月1日(金)から開幕です。

このモンツァ・サーキットは、F1カレンダーの中でも屈指の超高速サーキットですので完全なるパワーユニット勝負となるグランプリですので、マクラーレン・ホンダにとっては前戦のベルギーGP同様に厳しいレースが予想されます。

今回も2017ホンダF1第13戦イタリアGPのTV放送時間と共にお伝えしていきます。

ホンダF1 第13戦 イタリアGP TV放送時間

CS放送フジTVNEXT F1第13戦 イタリアGP放送時間

  • 【フリー走行1】09/01(金) 16:55~18:40
  • 【フリー走行2】09/01(金) 20:55~22:40
  • 【フリー走行3】09/02() 17:55~19:10
  • 【予選】    09/02() 20:50~22:25
  • 【決勝】    09/03() 20:30~23:50

ネット配信DAZN F1第13戦 イタリアGP放送時間

  • 【フリー走行1】09/01(金) 17:00~18:30
  • 【フリー走行2】09/01(金) 21:00~22:30
  • 【フリー走行3】09/02() 18:00~19:00
  • 【予選】    09/02() 21:00~
  • 【決勝】    09/03() 21:00~

*フジTVNEXT,DAZNはすべて生中継

マクラーレンがホンダとの契約解除をモンツァで発表か?!

このところのGP週末を賑あわせている話題に、フェルナンド・アロンソが来季はどのシートに座るのかが注目のまとのようです。

前回のベルギーGPはサマーブレイク明けということもあって、この話題に終始しましたね。

ここへきてフェルナンド・アロンソは、マクラーレンに対してホンダを取るか自分を取るかの選択を迫ったとされているようですが、どうやらマクラーレン側はホンダとの契約解除を行うことでアロンソの残留を望んでいるようです。

前戦のベルギーGPにおいてのホンダパワーユニットの力のなさに戦意喪失でのリタイヤとの報道にもあるように、アロンソの我慢も限界を迎えているのは間違いがないようです。

マクラーレンがホンダを切った場合に考えられる選択肢はルノーとのパワーユニット契約となるのですが、現在ルノーは3チームへのパワーユニットの供給を行っているために、FIAのレギュレーション的にはエンジンメーカーが3チーム以上に供給することが原則禁じられているために、今現在は不可能な状況となっているようです。

しかし一方で、F1参加チームのパワーユニットが決定していない場合には、エンジンメーカーはパワーユニットの供給を行わなければならないこともFIAのレギュレーションに明記されています。

なので、マクラーレン側はホンダとの契約解除を行って、FIAの命令に従ってエンジンメーカーがマクラーレンに対してパワーユニットが供給されることを狙っているとも言えます。

この場合のエンジンメーカーとして、ルノーの名前が上がっているようですね。

どちらにしても今回のイタリアGPでは、来シーズンのエンジン開発の時間的な制限から何らかの発表がチーム側かあるのは確かな状況ですので、週末のアナウンスを待ちましょう。