2017ホンダF1第14戦 F1シンガポールGPが、9月15日(金)からマリーナ・ベイ市街地コースで開催です。

F1シンガポールGPは、照明に照らされたナイトレースとなっており、低速コーナーが中心のレイアウトとなっていつことからもマクラーレン・ホンダに最も適したサーキット特性から、多くのポイント獲得に期待が膨らむグランプリとなります。

今回も2017ホンダF1第14戦シンガポールGPのTV放送時間と共にお伝えしていきます。




ホンダF1 第14戦 シンガーポールGP TV放送時間

CS放送フジTVNEXT F1第14戦 シンガポールGP放送時間

  • 【フリー走行1】09/15(金) 17:25~19:10
  • 【フリー走行2】09/15(金) 21:25~23:10
  • 【フリー走行3】09/16() 18:55~20:10
  • 【予選】    09/16() 21:50~24:00
  • 【決勝】    09/17() 20:30~23:35

ネット配信DAZN F1第14戦 シンガポールGP放送時間

  • 【フリー走行1】09/15(金) 17:30~19:00
  • 【フリー走行2】09/15(金) 21:30~23:00
  • 【フリー走行3】09/16() 19:00~20:00
  • 【予選】    09/16() 22:00~
  • 【決勝】    09/17() 21:00~

*フジTVNEXT,DAZNはすべて生中継




マクラーレン・ホンダとして最も多くのポイント獲得か!?

先週のイタリアGPでは、マクラーレンとホンダとの提携解消の発表はなされなかったのですが、シンガポールGP後にはその発表がなされるようですので、マクラーレン・ホンダとして迎えるシンガポールGPは今年が最後となるようです。

ホンダがF1復帰して3年目となりますが、新生マクラーレン・ホンダとして復帰以降、マクラーレンはホンダのF1パワーユニットの信頼性問題とパフォーマンス不足により不遇のシーズンを過ごしてきており、その忍耐も尽きたというのが大方の見方のようです。

ですが、ホンダPUの大幅なアップデートが施されたベルギーGP以降はパフォーマンス 向上が感じられただけに残念なニュースとなってしまいました。

来シーズンのホンダPUの提供先となるのが、トロロッソとのパートナーシップとなるようですが、マクラーレン・ホンダとしては最後のシンガポールGPとなりますし、このGPはそのサーキットレイアウトからマクラーレン・ホンダのパッケージングが力を発揮する適したサーキットとなりますので、今シーズン最多のポイント獲得が予想されますので期待したいところです。

まずは、金曜日のフリー走行を観てみましょう。