2017年のF1日本GPが10月6日(金)から鈴鹿サーキットで開催です。

今年の日本GPはマクラーレン・ホンダとしては一旦、最後のホームレースとなってしまいました。マクラーレンがホンダPUとの決別を発表して以降は、皮肉にも好調を維持しているマクラーレン・ホンダですが、今回のホームGPもその好調さを維持してほしいものですがどうなるでしょうか。

今回も2017ホンダF1第16戦日本GPのTV放送時間とともにお伝えしていきます。

ホンダF1 第16戦 日本GP TV放送時間

CS放送フジTVNEXT F1第16戦 日本GP放送時間

  • 【フリー走行1】10/06(金) 09:55~11:40
  • 【フリー走行2】10/06(金) 13:55~15:40
  • 【フリー走行3】10/07() 11:55~13:10
  • 【予選】    10/07() 14:50~17:00
  • 【決勝】    10/08() 13:30~16:50

ネット配信DAZN F1第16戦 日本GP放送時間

  • 【フリー走行1】10/06(金) 10:00~11:30
  • 【フリー走行2】10/06(金) 14:00~15:30
  • 【フリー走行3】10/07() 12:00~13:00
  • 【予選】    10/07() 15:00~
  • 【決勝】    10/08() 14:00~

*フジTVNEXT,DAZNはすべて生中継

マクラーレン・ホンダとしては最後のホームレース!

今年はマクラーレン・ホンダとして最後の鈴鹿サーキットということになります。鈴鹿に至るここ2戦のマクラーレン・ホンダは、そのパフォーマンスも印象的で、パワーサーキットである前戦のマレーシアでは予選・レース共に競争力を発揮して、実力での7位入賞はホンダPUの改良が少しづつ実を結んでいる結果とも言えるのではと思います。

ホンダは、3年間のマクラーレンとのパートナーシップを終えて、2018年からトロ・ロッソにF1エンジンを供給することが正式に発表されましたが、ここへ来てホンダPUのパフォーマンスアップにマクラーレン陣営としも若干の焦りもあるかもしれません。

3年程前からホンダに対してラブコールを送っていたトロ・ロッソも、最近のホンダPUのパフォーマンスアップに対して次のようにコメントしています。「すでにエンジンは多くの人々が考えているよりもはるかに良いものになっていると思う。マクラーレンは我々にかなり近いからね。残念ながら、我々より速いときさえある。なので、この協力は成功すると確信している。ホンダが技術的な話題のすべてを解決してくれると確信している」

もしかすると、今回の日本GPではマクラーレン・ホンダのパフォーマンスがマクラーレンを後悔させるレースとなるかも?知れませんね。