エクスレーヴは、履くだけで骨盤矯正してくれて痩せると評判の今話題の骨盤矯正ショーツを代表するヒットアイテムとなっています。ですが、このエクスレーヴを購入しても「キツイ」「食い込む」「苦しい」「股上が浅い」などの理由で、その使用を中止してしまう方も多いようです。

このエクスレーヴのような骨盤矯正ショーツは、毎日継続することで少しずつ矯正することができ、またエクスレーヴを履くことで姿勢が正され、そこから得られる様々なメリットがその効果として現れてきます。

そこで、こちらのページではエクスレーヴを履いて効果が得られた方達に共通する、エクスレーヴの継続方法といったことについてお伝えしていきます。

エクスレーヴを毎日履いている!

エクスレーヴのような骨盤矯正ショーツは毎日履いてこそ、その効果を期待できるものです。わかってはいても「苦しい」「キツイ」「食い込む」などの理由から履くことを諦める方たちは、そもそもそのエクスレーヴのサイズが合っていない場合が多いのではないでしょうか。

「着圧効果を高めたい」「小さいほうが効果がありそう」といった理由でサイズ選択をされる場合は、そもそもあなたにサイズが合っていないと思った方が良いです。確かに、エクスレーヴの履き始めは苦しいものです。ですが、この感覚はすぐに慣れるものですし、人によっては履いて数分で慣れるレベルのようですので、この「苦しい」といったような感じが数日抜けないような方はサイズが合っていないと思った方が良いでしょう。

エクスレーヴのサイズ交換の方法は?失敗しないサイズの選び方!

エクスレーヴで姿勢を正すために着用時間を長くしている!

エクスレーヴの着用時間の理想は一日中履いていることです。しかし、エクスレーヴのその履き始めは、一日を通して履き続けることが困難なのではないかと思います。そもそも、エクスレーヴのような骨盤矯正ショーツを必要と思われる多くの方は、その姿勢に問題がある方が多いように感じます。

エクスレーヴを履きだして感じる最初の感覚としては、「姿勢が正される」と感じられるのではないかと思います。また、骨盤が矯正されて骨盤が前傾すると背筋をピンと張らないと上手く歩けません。同時に、胸を張る姿勢をとることで、正しい姿勢と適切な腹圧をかけることができますが、この姿勢を大変だと思われる方が多いように感じます。

骨盤を前傾して正しい腹圧をかけて胸を張る姿勢は、ただそれだけで体の燃焼効率をアップさせ、正しい姿勢で歩行するだけで足首が細くなったり、ふくらはぎが上に上がったり、膝を小さくする効果があります。なので、このエクスレーヴの着用は一日を通して着用することが理想的とはなりますが、まずは就寝時の着用から始めて、その後は着用時間を少しづつ長くしていくようにしてみるのが良いのではないでしょうか。

エクスレーヴの正しい履き方とヒップの納め方!夜だけでも効果的!

エクスレーヴが骨盤を矯正するとは思っていない!

「履くだけで痩せる」のは、エクスレーヴが骨盤を矯正しているからだと考えている方が多いようですが、エクスレーヴに限らず多くの骨盤矯正商品は、それだけで骨盤が矯正されるものではありません。エクスレーヴのような骨盤矯正ショーツは、それを履くことで骨盤を前傾に保ち、正しい姿勢を作るためのサポートでしかありません。

なので、エクスレーヴを着用することで、骨盤を前傾した正しい姿勢をとることが最も重要なのです。エクスレーヴで効果を感じる方の多くがこのことを理解しています。また、夜の就寝時は無意識の状態なので、エクスレーヴを履いて就寝することで骨盤の前傾が保たれることから、エクスレーヴの履き始めは就寝時からがおすすめだと言われるのは、こういった理由からだとされています。

エクスレーヴ着用開始!サイズ感や履き心地をリアルにレビュー!

最後に

今回は、エクスレーヴに効果を感じられた方に共通する3つのことをお伝えしてみましたが参考になったでしょうか。

エクスレーヴは、最もその販売数を伸ばしている骨盤矯正ショーツとなりますが、それに比例して効果を感じられない方も多くいるようです。しかし、今回ご紹介したようなことを意識した方の多くが、エクスレーヴの効果を実感しているのも事実としてあるようです。

また、エクスレーヴの効果を感じた方に一致していたのが、その着用期間にもあるようです。エクスレーヴのようなダイエット関連の商品は、すぐにその効果が現れるものでもないようです。また、多くのダイエットに共通するのが食事制限ですが、エクスレーヴは特にこのような食事制限もすることなくダイエット効果が得られるのも骨盤矯正ショーツに共通する効果のようです。

まずは、今回ご紹介した3つのことを意識して、最低でも1ヶ月間は1日中ではなくとも、毎日履き続けることから始められてはと思います。

 

エクスレーヴを履き始めてみる