長崎県長崎市の長崎港から南西の海上約17.5kmの位置にある端島(はしま)通称「軍艦島」が、このほど2015年5月に、この軍艦島を含む「明治日本の産業革命遺産」を世界文化遺産に登録するようにイコモスが勧告したことによって、この「軍艦島」が世界文化遺産へと登録されることがほぼ確実になったことから、この軍艦島への上陸ツアーの人気が高まっているようです。

そこで今回は、この軍艦島上陸ツアーを利用して軍艦島見学を計画されている方に、軍艦島上陸ツアーでのチェックすべきポイントと、軍艦島上陸ツアーでの各社クルーズ船の違いや料金などについて調べてみました。

軍艦島上陸ツアーでチェックするのはこの2つ!

  • クルーズ船での座席確保は進行方向右舷の席(2階がベスト)
  • 波の高さ風の強さで上陸出来ない場合あり

軍艦島上陸ツアーを行っている船会社は4社あるのですが、それぞれのクルーズ船の進行方向の右側に軍艦島が現れますので、右舷の席を確保するのが最も最適なシャッターチャンスが得られるということです。

ですので、乗船開始時間の少し前から座席確保のために、乗船場所に待機しておくことをおすすめします。

そして重要なのは、雨などの天候などではなく、注意すべきはその日の風だということです。

というのも、この軍艦島上陸ツアーにおける軍艦島への上陸は、風や波の影響によっては上陸出来ない場合があるということです。

風速が5mを超える時、波高が0.5mを超える時、視程が500m以下の時は上陸出来ない場合があるようですので注意して下さい。

風や波によって軍艦島への上陸が出来ない場合は、軍艦島周遊コースへの変更があるようです。

軍艦島上陸後は、軍艦島に建てられている日本最古の鉄筋コンクリート造の集合住宅などの崩壊が激しいために、軍艦島での見学は自由に歩き回られることは出来ませんので注意して下さいね。

img_course_08

 

軍艦島での立ち入りが許可されたのは、赤色の見学通路・見学広場のみとなっています。

軍艦島上陸ツアーのクルーズ船はこの4つ

軍艦島上陸ツアーを行っているのは、4つの船会社が運行していますが、それぞれのクルーズ船の特長や料金やツアー内容の違いなどについてお知らせしてみようと思います。

  • やまき海運

マルベージャ号(定員225名)

photo_01

料金:大人 4,200円+長崎市施設利用料300円

   子供 2,100円+長崎市施設利用料150円

運行時間:1便 9:00~11:30

     2便 13:00~15:30

やまき海運軍艦島上陸ツアー公式サイト

  • 軍艦島コンシェルジュ

マーキュリー号(定員130名)

timg24

料金:大人  3,600円+長崎市施設利用料300円

   中高生 2,900円+長崎市施設利用料300円

   小学生 1,700円+長崎市施設利用料300円

   子供  800円+長崎市施設利用料150円

運行時間:1便 9:50~13:00

     2便 13:00~15:50

軍艦島コンシェルジュ軍艦島上陸ツアー公式サイト

  • シーマン商会

さるく号(定員45名)

img_saruku_01

料金:大人  3,600円(クーポン利用)+長崎市施設利用料300円

   中高生 2,800円(クーポン利用)+長崎市施設利用料300円

   子供  1,750円(クーポン利用)+長崎市施設利用料150円

*公式サイトよりクーポンを印刷することで300円offとなります。

運行時間:1便 10:10~13:00

     2便 13:30~16:10

シーマン商会軍艦島上陸ツアー公式サイト

  • 軍艦島クルーズ

ブラックダイヤモンド号(定員200名)

flow02

料金:大人 3,100円+長崎市施設利用料300円

   子供 1,600円+長崎市施設利用料150円

運行時間:1便 9:40~12:50

     2便 14:00~17:15

軍艦島クルーズ軍艦島上陸ツアー公式サイト

軍艦島上陸ツアーでのクルーズ船まとめ

軍艦上陸ツアーを行っている船会社も、その料金やクルーズ船の違いがありますので、どのクルーズ船を利用しようか迷いますよね?

そこで、管理人のおすすめクルーズ船について最後に書いてみようと思います。

ただ単に軍艦島への上陸だけを楽しみたいならば、料金的に「軍艦島クルーズ」がおすすめとなるでしょう。

この軍艦島クルーズで乗船するブラックダイヤモンド号は、軍艦島上陸ツアー船で唯一の高速船ですし、2Fデッキからの眺めも利用者からの評判が良いのも特長です。

そして、少人数でゆったりと楽しみたい方から評判なのが、シーマン商会のさるく号。

逆に、大きなクルーズ船で揺れも少なく、快適な船旅となるのがマルベージャ号。

それぞれのクルーズ船の特長があってクルーズ船選びは難しいですが、この軍艦島上陸ツアーに欠かせないのが、軍艦島を知り尽くしたガイドさんの存在があります。

軍艦島へは、どのクルーズ船を利用しても上陸時間は1時間ほどなのですが、乗船から上陸に至るまでの間、私達のガイドとなってくれるクルーズ船のガイドさん次第で、その満足度は大きく違ってくるものです。

したがって、ガイドさん重視で選んだ場合の管理人おすすめのクルーズ船といえば、軍艦島コンシェルジュ運行のマーキュリー号での軍艦上陸ツアーがおすすめかなぁと思いますよ。

時には笑いを交えた軽快な語り口で、利用者の方からの評判が最も多いマーキュリー号で、世界文化遺産登録を控えた「軍艦島」へ一足早く出掛けてみるのもいいかもしれませんよ。