やっぱり出る!出ない!と噂が絶えないのがiphoneの4インチディスプレイモデルです。

このほど発表された次期iphoneですが、現モデルであるiphone6,iphone6plisのマイナーチェンジモデルとしてiphone6s,iphone6splusの発売が9月?とのアナウンスがありましたが、気になるディスプレイサイズの変更はありませんでした。

したがって、4インチモデルのiphoneの登場は2015年には行われない模様ですね。

ですが、このほどiphone関連の気になるニュースが発表されましたのでお伝えしてみようと思います。

iphoneの4インチモデルはiphone6c!

iphone6sの登場と共にiphone6miniの登場があるかと噂されたのですが、次期iphoneでのiphone6miniの登場はないようです。

しかし、iphoneの4インチモデルはiphone6cとしてやはり登場するようですね。

以前もお伝えした台湾のニュースメディアからの新たなニュースによると、どうやら4インチモデルがiphone6cだということのようです。

2016年前半に4インチの「iPhone6c」がリリースか   iPhone Mania

さらに、このiphone6cはiphone5cのようなプラスチック製ではなく、金属製筐体の採用とRetinaディスプレイの採用があると伝えているようです。

プラスチック製の筐体については、その採用があるかどうかは流動的なようですが、4インチディスプレイモデルがやはりiphone6cになるようです。

この4インチディスプレイについては、この台湾メディアの前回の情報と同じことからディスプレイサイズに関しては4インチで固定されています。

さらに、この4インチディスプレイモデルがiphone6cだということも確定?のようですね。

このiphone6cの製造元に関しても、iphone6sの多くを製造する台湾メーカーのFoxconnが引き受けるようだということです。

こういったことから、iphone6cの登場はiphone6sと同時ではなく2016年前半の登場だということのようですね。

まとめ

iphoneの4インチモデルに関しては噂程度の話からコンセプト動画まで、様々な情報が出回っていますが、今回の台湾メディアは前回の時と同じくiphone6cが4インチモデルのiphoneだと報道しています。

それだけ4インチモデルのiphoneを望む声が大きいということでしょう。

今回の台湾メディアの報道のように、これだけ待たされての4インチiphoneが登場となれば、一定の支持を得るのは間違いないでしょうね。