前回のハンガリーGPでは、事前の予想通り?の走りを観せて、2台揃ってポイントを獲得したマクラーレン・ホンダのレースでした。

このハンガリーGPでのマクラーレン・ホンダのマシーンをフルスピードで走らせる事が出来たことは、今後のマシン開発の面でもとても良い結果だったのではないでしょうか。

そこで今回は、ハンガリーGPの結果を受けて期待が高まるマクラーレン・ホンダのネクストレースのベルギーGPのTV放送時間と、ホンダパワーユニットのアップデート問題と合わせてお伝えしていきます。

ホンダF1 第11戦 ベルギーGP TV放送時間

BS フジ F1 第11戦 ベルギーGP放送時間

  • 予選:8/22(土)24:00~25:00
  • 決勝:8/238日)23:30~25:10

CS放送 フジTVNEXT F1 第11戦 ベルギーGP 放送時間

  • フリー走行1:8/21(金)16:55~18:40
  • フリー走行2:8/21(金)20:55~19:10
  • フリー走行3:8/22(土)17:55~19:10
  • 予選    :8/22(土)20:50~22:20
  • 直前生中継 :8/23(日)20:30~20:50
  • 決勝    :8/23(日)20:50~23:50

*フジTVNEXTはすべて生中継です。

ホンダパワーユニット大幅なアップデートで50馬力アップ!?

前回のハンガリーGPで、ホンダパワーユニットはフルスピードでの走行をレースを通して行っていたようです。

これまでのホンダパワーユニットは、ERS(エネルギー回生システム)の信頼性の問題からフルスピードでの走行は出来ませんでした。

ですので、このERS(エネルギー回生システム)の信頼性の問題がクリアになったことと、ベルギーGP開催までの約1ヶ月間のサマーブレイクの期間中にホンダパワーユニットの大幅なアップデートがあるようです。

今現在、ホンダには7枚のトークンを残していますが、今回のアップデートには残りトークンのほぼ全てを使って行なわれるようです。

主なトークン使用は、やはりERS関連だとみられているようですが、今回のアップデートでは内燃機関にも使用されるようですね。

特にターボ関連へのアップデートが、その主な使用領域となりそうです。

この大幅なアップデートにより得られるパワーは約50馬力ほどだそうですので、ホンダパワーユニットのフルスピードでの走行と合わせてプラス50馬力は期待がかかりますね。

最後に

ベルギーGPが行われるスパ・フランコルシャン・サーキットは、F1カレンダーの中でも屈指の高速サーキットとして有名です。

そのスパ・フランコルシャン・サーキットの名物といえるのがオー・ルージュと呼ばれる上りのコーナーですね。

このベルギーGPは、エンジンパワーが特に重要ですので、今回のホンダパワーユニットのアップデートの成果が試されるGPとなるようです。

F1ファンにとっては、約1ヶ月程のサマーブレイクとなりますので残念なのですが、このサマーブレイクがマクラーレン・ホンダにとって有意義な夏休みとなることでしょう。